TVにおいての動画制作の舞台裏側

TVにおいての動画制作の舞台裏側

皆さんは日常的に映像を目にしていることでしょう。

TVの映像はもはや当たり前のように毎日目にしていますよね。

朝起きるとまずTVの電源を入れ、ニュースを見て天気予報を見て出勤時の服装チェックをしてみたり、前日にあった主な出来事を頭に入れて仕事での話のネタを取り入れたりしますね。

そのTVの役割の中で最も重要なのは、映像です。

カメラワーク・音声・舞台美術等、動画制作の裏側には大勢のスタッフが携わっています。

TVショーの華はニュースキャスター・俳優・タレント・歌手だけではありません。

動画制作のボスでもあるディレクターを筆頭にアシスタントディレクターや技術・キャストの衣装やメイクを担当するスタイリストも陰で大きな力となって携わっています。

そのまた裏側と言っても良いのが動画制作をするうえで編集・構成を担っているのが、TV局の現場で働く技術スタッフです。

勤務も配属部署によりますが、徹夜が続いたり休日がなかったりとかなりハードな業務内容のお仕事と言えますが、何物にも替え難い大きな遣り甲斐があるお仕事です。

就職活動のための動画制作

映像で伝える技術が昔に比べて安価になり、かつ動画や音声を用いることによってよりリアリティ溢れる企業情報を伝えることができるようになった時代。

企業はそれを利用しない手はありません。

動画制作会社に委託し、企業理念や主な業務内容、面接のポイントなどを学生に分かりやすいように映像・音声・文字で伝えることが多くなりました。

動画制作会社に委託すること以外にも安価に簡単に伝える方法として、ムービーメーカーでコンテンツを作成し、YouTubeで配信して多くの学生に視聴してもらうという方法もあります。

YouTubeに関してはパソコンはもちろんスマートフォン・タブレットで手軽に視聴できることから、学生自らも就職活動日記の動画制作をしホームページやブログなどにアップして同じ学生達に就職活動の現状を知ってもらうような活動をしているほどです。

動画制作を依頼する

企業側としてはやはり動画制作のプロにお願いして信頼性の高い企業ガイドを作成し、多くの学生に興味を持ってもらう会社をアピールしたいものですね。