動画制作で気を付けなければならない音楽利用

動画制作で気を付けなければならない音楽利用

YouTube・ニコニコ動画を代表とする動画配信サイトには多くの音楽コンテンツがアップされていますが、多くの利用者があまり理解していないことに「著作権」というものがあるのはご存知でしょうか。

JASRAC(ジャスラック)・e-License・JRCが代表的な著作権管理団体です。

CD音源をそのまま利用してしまうと厳密には違法となってしまいます。

自分で演奏していたり自分で音を作ったりしているものに関しては利用可能となっています。

それ以外で動画制作する段階でアーティストの音源を利用したい場合は、動画配信サイトが許可している音源なら使用可能です。

ニコニコ動画は使用可能なCD音源を公開しています。

またYouTubeではサイトが用意した音源も公開しています。

動画制作する際につけるBGMは好きなアーティストの曲を付けたい気持ちはわかりますが、許可を得ていない曲を利用すると動画自体をサイトから削除されてしまう可能性もあるので、そのあたりも十分考慮して音楽を利用するようにしましょう。